見出し画像

【ターゲット設定機能/職種選択】より詳細な職種(小分類)まで設定ができるようになりました

■機能概要:

ターゲット設定機能の求める人材の条件設定にて、経験した職種の選択が、職種の小分類まで設定できるようになりました。


■機能効果:

職種小分類までの検索が可能となり、より詳細な人材条件が設定でき、これまでよりピンポイントな人材条件検索ができるようになりました。
これにより、詳細な職種での要件定義や採用ペルソナの設定が可能になりました。

例:これまで【経理・財務・管理会計・内部統制】までの中分類しか選択できなかったものが、【経理(財務会計)】や、【内部統制】といった小分類の職種での検索が可能になりました。

■おすすめの利用シーン:

新規の求人を作成する時の詳細な職種でのマーケット調査や、既に募集を開始している求人の要件見直しの際に、細かい職種のデータをご確認いただくことが可能です。

【画面詳細】

■条件の選択

  • 経験した職種と経験年数を選択する

  • 選択した職種より、職種小分類の選択

  • 該当経験年数を選択し確定


この記事が参加している募集

#人事の仕事

4,069件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました! よければ、ぜひHR forecasterをご利用ください🙏