見出し画像

【新機能】採用市場の動向を捉える新機能「トレンドキャプチャー」をリリース

こんにちは。この度、転職サービス「doda」の200万件のデータを活用した採用市場の動向を捉える新機能「トレンドキャプチャー」をリリースしました。
「トレンドキャプチャー」は職種・エリア・企業規模を設定して検索するだけで、過去から現在までの採用市場の動きを確認することが可能になります。

■ 機能概要

職種・エリア・企業規模の3つの項目を選択するだけで、簡単に採用市場の動向を検索することができます。

■ 「トレンドキャプチャー」の特徴

✔️   業界最大級の求人数・登録者数を誇る、転職サービス「doda」のデータ約200万件がベース
「doda」に蓄積されている求人・登録者データ約200万件※2がもととなっているため、算出情報の精度が保たれています。
✔️    スピーディに検索でき、手軽に情報収集が可能
職種・エリア・企業規模の3つの検索項目を設定し検索するだけで、採用市場の動向を手軽に、スキマ時間にチェックすることができます。
✔️  グラフで採用市場の動向を把握できる
“過去”から“現在”までの採用市場の変遷がグラフで表示されるため、一見して市場の動向や傾向を捉えることができます。
✔️    利用は完全無料
「HR forecaster」登録ユーザーであれば、無償で「トレンドキャプチャー」の利用が可能です。

■トレンドキャプチャーの使い方

①トレンドキャプチャーへの遷移方法
HR forecasterログイン後の上部フッダー「トレンドキャプチャー」を押下してください。

②検索条件の設定
簡単3ステップ!
検索したい「職種」「エリア(候補者居住地)」「企業規模」を入力してください。

③検索結果の参照
検索条件に合致する下記データが表示されます。
採用トレンド
 ・doda転職求人倍率
 ・求人数
 ・候補者数
年収トレンド
 ・提示年収
 ・候補者年収

④PDF出力も可能

求人要件の変更や採用計画等の検討、現場や経営との目線合わせに活用できます。

⑤ 定期的に採用市場の動向状況の確認し、マーケットに即した採用活動を検討しましょう!

■ 機能効果
・検索項目を最小限(3種類)にすることで、スピーディな情報収集が可能です。 
・過去から現在までの採用市場の変化をグラフで表示しているため、一見して市場動向を捉えることが可能です。
・検索データのPDFを関係者間へ共有することで、認識のすり合わせを促進します。

この記事が参加している募集

#人事の仕事

4,069件

#採用の仕事

2,210件

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました! よければ、ぜひHR forecasterをご利用ください🙏